English 日本語 中文  
3月25日付け江蘇省內でCOVID-19の新規患者數が0、海外からの輸入新規患者數が2人
 

   2020年3月25日0時から24時までの間、江蘇省で新型コロナウイルス肺炎(COVID-19) 海外からの輸入新規患者數が2人で、そのうち、常州市が1人(イギリスから入國)、連雲港市が1人(アメリカから入國)。3月25日24時までの時點で海外からの輸入癥例は累計9人であるという。

   癥例1、中國吉林省戸籍。常州市在住の娘の家に行く予定で、3月20日にイギリスのロンドンを出発、21日に上海浦東國際空港に到著、22日の夜明け前に、常州市政府より常州市隔離専用ホテルまで移動され、集中隔離観察を始め、23日の核酸検査で陽性の結果が出て、120救急車で指定醫療機関に搬送され、治療を受けた。24日にレントゲン検査などを受け、25日に確定癥例だと診\斷された。

   癥例2、中國江蘇省戸籍、3月19日にアメリカのニューヨークを出発、20日に日本で乗\り換え、21日に上海浦東國際空港に到著後、連雲港市政府により連雲港市隔離専用ホテルまで移動され、22日午前から集中隔離観察を始め、23日に癥狀が現れ、120救急車で指定醫療機関に搬送され、24日の核酸検査で陽性の結果が出て、25日に確定癥例だと診\斷された。

   3月25日0時から24時までの間、江蘇省內で新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)新規患者數がゼロであるという。3月25日24時までの時點で、江蘇省では新型コロナウイルス肺炎の患者數は計631人だと確認され、完治退院した人が631人であるという。

   これまで江蘇省では12759人の濃厚接觸者が確認されたうち、12652人が健康観察から解除された一方、107人が醫學的観察を受けているところだという。

   専門家からの注意喚起は次の通りである。現在、疫病の予防・抑制は新たな段階に入り、海外からの輸入癥例を抑制することは最優先事項となり、疫病予防・抑制に対する措置を強化し、各方面での予防・抑制活動をしっかり実行し、日常な生活・生産環境を全面的に回復するように努める。

   海外からの輸入癥例を抑制するため、3月23日から江蘇省が入國者全員を対象に14日間の集中隔離観察を行う。江蘇省への渡航者は自主的に疫病予防と抑制の関連規制を厳守し、健康狀況や旅行歴などの関連情報を如実に報告してください。「蘇康コード」などのプラットフォームに登録して健康狀況を申告してください。感染狀況の厳しい重點國での旅行歴・滯在歴がある入國者は江蘇省人民政府外事弁公室の関連規制を厳守してください。江蘇省への渡航者は発熱・空咳など癥狀が出た場合、直ちに指定発熱外來醫療機関へ受診\してくださる上、自主的に前の2週間內のスケジュールを報告してください。

   ご自身は自己保護の第一責任者である。引き続き普段からの個人的な予防対策が求められる。常に感染予防意識で良好な衛生習慣に心がけること。具體的には、マスクの著用、こまめな手洗い、日常の換気、咳エチケット等。全民から積極的に衛生面の活動に取り組み、科學的な感染予防・抑制意識を高め、健康な生活のスタイルを作ろう。

   「公衆\科學マスク著用ガイドブック」に記録した個人予防対策や注意事項などに従って、異なる場所や狀況により科學的にマスクを著用することは、自己保護にのみならず、他人の健康にも役立つ。


 
常州市人民政府 常州市情報化弁公室が主催
常州市外事弁 常州市情報中心が引受
极速十一选五中奖规则 管家婆免费资料期期准 后二万能码48注稳赚 河北快3彩票 股票分析师李鑫央视 股票 北京11选五5开奖结果 山东快乐扑克在线开奖 上海天天彩选4胆码公式 sg飞艇可信吗 广西快乐十分选号技巧 甘肃十一选五走势 平特一肖怎么选 秒速时时彩计划公式 体彩辽宁11选五开奖结果 甘肃十一选五最大遗漏全部 体育彩票31选7结果