English 日本語 中文  
3月27日付け江蘇省でCOVID-19の新規患者數が0
 

   2020年3月27日0時から24時までの間、江蘇省で新型コロナウイルス肺炎(COVID-19) 海外からの輸入新規患者數がゼロで、3月27日24時までの時點で海外からの輸入癥例は累計10人であるという。

   3月27日0時から24時までの間、江蘇省內で新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)新規患者數がゼロであるという。3月27日24時までの時點で、江蘇省では新型コロナウイルス肺炎の患者數は計631人だと確認され、完治退院した人が631人であるという。

   これまで江蘇省では12772人の濃厚接觸者が確認されたうち、12653人が健康観察から解除された一方、119人が醫學的観察を受けているところだという。

   専門家からの注意喚起は次の通りである。現在、疫病の予防・抑制は新たな段階に入り、海外からの輸入癥例を抑制することは最優先事項となり、疫病予防・抑制に対する措置を強化し、各方面での予防・抑制活動をしっかり実行し、日常な生活・生産環境を全面的に回復するように努める。

   海外からの輸入癥例を抑制するため、3月23日から江蘇省が入國者全員を対象に14日間の集中隔離観察を行う。江蘇省への渡航者は自主的に疫病予防と抑制の関連規制を厳守し、健康狀況や旅 行歴などの関連情報を如実に報告してください。「蘇康コード」などのプラットフォームに登録して健康狀況を申告してください。感染狀況の厳しい重點國での旅行歴・滯在歴がある入國者は江 蘇省人民政府外事弁公室の関連規制を厳守してください。江蘇省への渡航者は発熱・空咳など癥狀が出た場合、直ちに指定発熱外來醫療機関へ受診\してくださる上、自主的に前の2週間內のスケジュールを報告してください。

   ご自身は自己保護の第一責任者である。引き続き普段からの個人的な予防対策が求められる。常に感染予防意識で良好な衛生習慣に心がけること。具體的には、マスクの著用、こまめな手洗い、日常の換気、咳エチケット等。全民から積極的に衛生面の活動に取り組み、科學的な感染予防・抑制意識を高め、健康な生活のスタイルを作ろう。

   「公衆\科學マスク著用ガイドブック」に記録した個人予防対策や注意事項などに従って、異なる場所や狀況により科學的にマスクを著用することは、自己保護にのみならず、他人の健康にも役立つ。


 
常州市人民政府 常州市情報化弁公室が主催
常州市外事弁 常州市情報中心が引受
极速十一选五中奖规则 股票历史走势 北京赛车开奖数据 必赢客pk10软件官网 内蒙古快三开奖结果了 渐江体彩20选5 pk10一分赛车计划 重庆幸运农场在线计划 秒速快3技巧 理财和炒股的区别 广东快乐10分技巧 炒股模拟app 甘肃快三98群 小米股票 股票指数怎么买 桑德公司撤场了 陕西快乐十分玩法介绍